荒木 不二洋 先生

NAME Fujihiro Araki
専門 数理物理学および作用素環論
SPECIALTY  Mathematical Physics and Theory of Operator Algebras
研究テーマ von Neumann algebras mathematical found
所属 東京理科大学理工学部数学科教授
経歴 1960.6.14 Ph.D.を米国プリンストン大学から取得
1961.3.23 理学博士を京都大学より取得
1966.1. 1 京都大学数理解析研究助教授に昇任
1993.1.31 同 所長に任命される
1996.3.31 定年退官
1996.4. 1 東京理科大学理工学部数学科教授就任  現在に至る 
講義内容
A breakthrough in mathematical research is often attained by quest for mathematical beauty which culminate in an inspiration. Essence of a creative activity (in contrast with learning of knowledge) is explained by an example of a puzzle.

 Various types of mathematical beauty will be presented.
(1) Beauty in mathematical proofs : A seemingly difficult problem in elementary geometry becomes obvious after drawing a few additional lines.

 (2) Beauty in computation : Already in ancient China, a method of guessing a number from a few information about it is described in a book for war strategy, a method now known as the Chinese remainder theorem.
A different example involving a huge number, which can not be written down because it is too large, can be solved by a combination of two completely different mathematical reasoning with a very simple answer.

 (3) Beauty in mathematical cocepts : The use of rather abstract concept of topology in some amusing problems such as the famous 7 bridges problem as well as puzzle rings will be presented. Audiences will be asked to try to solve some puzzle.

 Other types of beauty in mathematics will be presented if time allows. 

受賞等
1990.9 フランス国パリにおいてUnion des Assurances de Parisより UAP学術賞を受賞
1997.1  平成8年度朝日賞 受賞
学界活動
  1. 国際数学連合(IMU)の関係

  2.  1982年フィールズ賞選考委員会委員
  3. 国際純粋及び応用物理学連合(IUPAP)

  4.  第18委員会(数理物理学分野)委員長(1987〜1990)ほか
  5. 国際数理物理学会

  6.   会長(1979.1〜1981.12)ほか
  7. 日本学術会議

  8.   物理学研究連絡委員会委員 (1985〜1991)
      数学研究連絡委員会委員  (1991〜1997)
  9. 国際連合

  10.  ユネスコ主催の会議の招待講演者 ほか
  11. World institute of Science メンバー
  12. 日本数学会理事 1987.4〜1991.3
学術誌編者
  1. Reviews in Mathematical Physics (World Scientific社)編集長
  2. Communications in Mathematical Physics(Springer Verlag社) 数学的方法分野責任編集者
  3. Letters in Mathematical Physics(Kluwer Academic社)編集委員
  4. Reports on Mathematical Physics(ポーランド物理学会)編集委員
  5. Nuovo Cimento (ヨーロッパ物理学会)編集委員
  6. Journal of Mathematical Physics(アメリカ物理学会)編集委員
  7. Open System & Information Dynamics(Nicholas Copernicus Univ. Press)編集委員
その他の委員
  1. 京都大学国際交流委員会副委員長   1985〜1996
  2. 京都大学国際交流会館委員会副委員長 1982(設置時)〜1996
  3. (財)京都国際文化協会 理事     1978(設立時)〜現在
  4. (財)数理科学振興会 評議員     1984(設立時)〜現在
  5. 京都クラクフの会 理事
  6. 京都日仏協会 理事         1994〜現在(1999より副会長)
  7. (財)湯川財団 理事
  8. 京都生涯教育研究所 理事


講師紹介
第20回数理の翼夏季セミナー
数理の翼夏季セミナーホームページ
NPO法人「数理の翼」ホームページ