セミナー終了あいさつ

第30回数理の翼夏季セミナー報告

平成21年8月7日より11日までの4泊5日の日程で,第30回数理の翼夏季セミナーを
大分県玖珠郡の九重九州地区共同研修において開催しましたので報告いたします.

期間の最初と最後で台風と地震の影響を受け,招待講師の搭乗予定便の欠航や
最終日のJRのダイヤの乱れ等が起き,スケジュールの一部変更を行いましたが,
お陰様で何とか無事に参加者解散を迎えることが出来ました.

最初と最後は自然災害の影響を受けましたが,セミナー期間中の会場の天候は
比較的穏やかで,参加者(高校生46名,大学生8名)には数理科学づけの合宿を
堪能して頂けたように思います.参加者の皆さんのエネルギーは例年と変わらず
圧倒的で,講義に,参加者発表に,夜ゼミにと,若い力をはじけさせ,
各々の数理の翼を大きく羽ばたかせていたようです.期間中,先生方に
講義いただきました内容は以下の通りとなります.

<招待講師講義>
濱中裕明先生:ホップファイブレーションー最初の自明でないホモトピー群ー
広中平祐先生:特異点解消 Resolution of singularities
<同窓生講師講義>
上野雄文先生:慢性疼痛の脳内機構
河野真澄先生:植物のメカニズム
作道直幸先生:クォークの閉じ込め問題の普遍性
志岐成友先生:超伝導体を利用した計測技術
溝口佳寛先生:順序機械の最小実現について(圏論による一般化)

本年も数理の翼夏季セミナーは,独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター
子どもゆめ基金の助成を受けて実施されました.ここに感謝いたします.その他にも
様々な方々のご支援ご協力のおかげで,自然災害にも負けずセミナーを終了することが
出来ました.今後とも変わらぬご指導,ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします.

第30回数理の翼夏季セミナー実行委員長
桂木洋光